世の中言語で溢れてる! 英語だけできれば国際人? もっと多くの言語を学ぼうよ! 英語ひとつしゃべれない野郎の、無謀で野望なブログ

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2007-09-24 Mon 23:20
奇跡が見たかった。
「派閥の数合わせ」とやらで、雪崩を打って福田支持に傾く中、ひとり戦いを挑む孤高のヒーロー……などというと、実に恰好がいい(笑)。半眼びいきというのでしょうか。やっぱり大勢に立ち向かう人をみると応援したくなる。そういった声が、下馬評を覆す原動力になったのでしょうか。
 地方の党員投票では福田さんを上回ったとのこと。やっぱり一般にウケはいい。“党本部前に「麻生フリーク」約300人が集結し、「麻生コール」の声を張り上げた”、らしい。人気なら小泉さんにも負けてないのではないか。
 ただ、彼らは(自分も含めて)ファンであって支持者ではない。果たして麻生さんの主張・政策にどこまで共感しているのかは、ギモン。ファンは手のひらを返すのも早い。きちんとした政策とその説明がなければ、あっという間にゴミ箱行き。小泉さんのようなワンフレーズの劇場型は一見わかり易いが、大見出しだけが大きく踊っていて、内容が伴っていない新聞記事のようなもの。分かったような気にはさせてくれるが、実は何も分かっちゃいない。気がつけば、“痛みに耐える”、どころか瀕死の重症。少なくともそういった政治だけはご勘弁願いたい。
 ともあれ、麻生太郎の株は落選してなお上昇気流に乗っている。「自民党は麻生太郎という最強のカードを温存できた」という甘利明経産相の言葉には、大きくうなずきたい。

スポンサーサイト
別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<神戸学検定……正誤表と睨めっこ | 言語的世界征服のススメ | カニ検定>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 言語的世界征服のススメ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。